製品名  価格  備考
 ヘキサゴンスタイル ステアリング  58,000円   本革ディンプル+ガングリップ ボトムはウルトラスウェード
 ステアリングSW ASSY A仕様 *3  36,000円   ナビレディPKG装着車 *1
 ステアリングSW ASSY B仕様 *3  36,000円   TSS装着車 *1
 ステアリングSW ASSY C仕様 *3  42,000円   ナビレディPKG+TSS装着車 *1
 シフトノブ 純正形状  9,000円   シフトパターン印字
 シフトコンソールカバー  20,000円   ベゼル加飾(高輝度シルバー)
 センターコンソールカバー  39,000円   カップホルダーASSYは純正を転用 *2
 ナビゲーションカバー *3  70,000円   上部両サイドのモールはホワイト仕上げ *1
 スタートボタンカバー 標準 *3  16,000円   上部のモールはホワイト仕上げ *1
 スタートボタンカバー TSS *3  16,000円   上部のモールはホワイト仕上げ *1
 サイドレジスターASSY *3  29,000円   ベゼルトップはホワイト、内周はCARBONTEXのコンビ *1
 ウインドウSWベース フロント  20,000円   前席左右 マスターSWは車両より転用
 ウインドウSWベース リヤ  18,000円   後席左右 マスターSWは車両より転用
 メータークラスター  26,000円   ダッシュボードカバー一体式

*記載の金額は全て税別となります。


*1 CARBONTEXの素材を活かし「モノトーン」のコンセプトによるホワイト加飾がベースとなりますが、お好みによって
  高輝度シルバー仕様もご用意が可能です、ご依頼時にお申し付け下さい。
*2 カップホルダーの中心及びセンターアームレストの縦型カバーは付属しておりません、ホワイトが純正の車両はそのまま
  転用した場合、この2箇所はホワイトとなります。
*3 「カラーEDITION」対応、ご依頼時にお好みのカラーをお申し付け下さい。


*本ページに掲載の製品仕様、及び価格は予告なく変更の場合があります。予めご了承ください
一見するとカーボンのようにも見え、凝視するごとにそうではない事に気づく。
では一体何を模したものなのか?その答えは出ない。なぜならこれが幾何学模様
であり空想上のパターンであるからである。白と黒、そしてシルバーを多彩に
そして規則的に織り交ぜていくテクスチャーデザインは、アートの領域へと
いよいよ進出する。スポーティでもあるように感じられ、アーティスティックで
あるとも感じられる不思議な存在感が、地球上全ての”HYBRIDカー”からベンチ
マークとされる「PRIUS」に相応しいトリムであると考えている。
Grazio&Co.が満を持してプリウスへ贈る第三の室内トリム「CARBONTEX」を
どうぞご堪能下さい。
主役はあくまでも上記にご紹介の”CARBONTEX”としながら、トヨタ車の中でも
珍しい加飾面+ベゼルの異称が点在する50プリウスインテリアの特徴を活かし、
各ベゼルのカラーに個性と彩りを与える「カラーEDITION」を設定。
サイドレジスターを一例に挙げれば、外周ベゼルに相当するパートをホワイト、
レッド、ブラックの3カラーより価格の変動無くお選び頂く事が可能なプログラム
となります。個性の演出へ、ぜひ「選ぶ愉しみ」をご堪能下さい。
方舟を連想させるような50プリウス室内でも特徴的な、大型の
コンソールもご用意しております。縦横はもちろん、両サイドの
壁面形状や、中心先端へ向かっての段落ちなど幾何学模様の美麗
な再現に至っては、まさしく職人の腕がまともに反映されるパート
でもあります。
先のナビゲーションカバーより、ステアリングなどのコクピット
エリアを経て、運転席側で終焉する形を形成するスタートボタン
カバー。ナビカバーと同様に上部をなぞるように飾るモールは
写真のホワイトの他、シルバーからもご指定頂けます。
主役級といえば超大型化されたナビゲーションカバーもご覧の通り
高次元で攻略、ご用意を致しました。エアコン操作部との段差や
ナビ画面とのズレや奥行きなど、一切を損ねずに完全純正交換へ
こだわった究極のパートです。両サイドモールは写真のホワイト
のシルバーからもご指定を頂けます。
*GALLERY内の車両は「ステアリングSW ASSY」がピアノブラックED、ウインドウSWベースが「ホワイトパールED」装着の状態となります。
上下にフラットな意匠を与え、円であることの概念を覆しその存在感は
まさに独創的な「ヘキサゴンスタイル」。無骨なガングリップにはしっ
とりと手に吸い付く触感のディンプル本革、ボトム部にはウルトラスウ
ェードを与えCARBONTEXとの極上コラボを奏でます。
メインは下部のステアリングオーナメント、艶やかな光沢皮膜に包まれる
幾何学模様がステアリングと見事な連動を垣間見せます。スイッチ部には
ホワイトの意匠(*1)、ボタンにはブラックの意匠を用い、純正然な見た
目でありながら、純正とはま全てが異なる配色となっております。
*1 スイッチベゼルは「シルバー仕様」もご指定下さい。
ナビカバーやステアSWなどと同じく、近代的なアート感やテクスチャー
デザインのモダンな雰囲気をより助長する狙いでモノトーン化させる
ホワイトベゼルのサイドレジスターを用意。これまでの記憶とはいずれ
とも当てはまらない、派手な主張はないがドアを開けて圧倒される空気
などを両サイドで支える役割を担います。
インテリアの両サイドエンドを引き締め、隅々まで手の入ったあるい
は行き届いた印象をより高めるウインドウスイッチベース。これまで
多くのオーナー様よりご定評を頂く通り、窓の開閉時なども操作上の
違和感や手触りなど一切を損ねること無く「純正然」にお愉しみ頂く
ための配慮が盛り込まれた加飾品でもあります。
様々なシフトノブのご提案を行わせて頂く弊社にあって、本作ではより
高次元でのコーディネートを実現して頂きたいという思いより、純正形状
のものをCARBONTEXでシンプルにご提案させて頂きました。慣れ親しんだ
質感と、近代アートテクスチャーのコラボをお愉しみ下さい。
インテリアの両サイドエンドを引き締め、隅々まで手の入ったあるい
は行き届いた印象をより高めるウインドウスイッチベース。これまで
多くのオーナー様よりご定評を頂く通り、窓の開閉時なども操作上の
違和感や手触りなど一切を損ねること無く「純正然」にお愉しみ頂く
ための配慮が盛り込まれた加飾品でもあります。
50プリウスインテリアの中心を小さいながらも司るこのセクション。
”純正凌駕”の精神を惜しみなく注ぎ込み、純正以上の完成度を求め
「シフトベゼル」意匠を人工的に再現。高輝度なシルバーのリングが
CARBONTEXの名脇役として上質に機能致します。
細身でありながらもワイドな広範囲に伸びるクラスターのベゼル部を
瑞々しい光沢を纏うCARBONTEXへ。ふとした信号待ちなどに眼を
移せば、青い空に浮かぶ雲などが映り込み思わず微笑みをもたらす
ような質感がお愉しみ頂けます。
各製品ご紹介欄に左記の表示があるパートは選択が可能です。
カーボンと言われれば、それはスポーティな印象を与えるものの代表的な素材。
だが、これはあくまでもカーボンではない、実物を見ればそれは歴然。
ただ複数の色合いが折り重なって斜めに流れていく姿はやはりカーボンを連想
させることで間違いがない。
つまりそこがテクスチャーたる存在感、空想上の幾何学模様であることを最も
わかりやすく表現していると思う。まず最新モデルとしての「先進性」そして
「近未来感」を表現したかった、何かには似ているけど・・・それとも違う。
というもの、それでいて見る者の眼を釘付けにするもの、それがCARBONTEX
であると確信している。