*1 シーケンシャルモードの表記ロゴが異なります(本体形状は共通です)
■60ハリアー 「オーセンティックサンバースト」価格・適合リスト
製品名  価格  備考
 コンビステアリング(純正ベース)  72,000円   黒革とオーセンティックサンバーストのコンビ
 ホワイトステッチシフトノブ  27,000円   黒革パンチング×ホワイトステッチ仕様
 シフトゲートカバー *1  30,000円   ガソリン車・HYBRID車をご指定下さい
 センターコンソールASSY  54,000円   3連(開閉)パネルを含むアッセンブリー
 ナビゲーションカバー(DOP 9インチナビ用)  45,000円   フェンダーロゴエンブレム 右専用
 ナビゲーションカバー(DOP 7インチナビ用)  45,000円   フェンダーロゴエンブレム 左専用
 現品加工ウインドウSWベース(F) *2  16,000円   部品単体供給が無いため現品加工のみのご案内
 現品加工ウインドウSWベース(R) *2  16,000円   部品単体供給が無いため現品加工のみのご案内
 リヤレジスターASSY  26,000円   ルーバーを含めたアッセンブリー
■ナビゲーションカバー
   (写真はDOP9インチ用)
■ウインドウSWベース(F)
   *現品加工専用メニュー
■ウインドウSWベース(R)
   *現品加工専用メニュー
■リヤレジスターASSY
■コンビステアリング
■ホワイトステッチ
      シフトノブ
■シフトゲートカバー
   (写真はガソリンモデル)
■センターコンソールASSY
*さらに大きな画像でご覧いただけます→ 「公式Facebookギャラリー」へ
予てよりお見せしてきた「バーズアイ・グレー」のインテリア。都会的でかつ色調
としては非常にマッチングが難しい”グレー”のトリムを何の違和感もなく受け入れ
た事が一つ。その室内空間のデザインにおいては高級車として何ら違和感の無い無限
のポテンシャルを感じています。
その空間、あるいは空気感というものを最もわかりやすく再現するために今回の
トリム配色や加飾フィニッシュは導き出されました。と、同時にこの王道中の王道
といえるトリムを違和感なく映し出すハリアーは紛れもなく高級車なのかもしれない
と思えてきます。
*2 60ハリアー”ウインドウSWベース”脱着手順要領(全4P)
 *作業は原則として有識者の元行うように固くお願い申し上げます。
 *お客様ご自身の作業に伴う各所の欠損など弊社では一切の責任を負うことが出来ません、予めご了承ください。
ウッド離れ、古めかしいなどの形容も聞かれるインテリアトリムにあって、あえて
現代の主流と逆行するものを真剣に取り入れたトリム。
ウッドパネルの王道と考える”ウォールナット”、それをミディアム基調のブラウンで
仕上げ、さらに管弦楽器を彷彿とさせる焦がしの加飾といずれを以ってしても新しい
ものはない。しかし先人たちが築き上げた”伝統”のようなものが、理屈を超えて車好き
の胸を貫くものだと考え、そして提案してみたい。
革素材、ステッチ、そして本物凌駕のウッド素材・・・こうしたものに周囲を囲まれ
愛車をドライブする自分を想像してみて欲しいのです。