レッドラインミラーED ウインドウSWベース(F) New 20,000円  フロント用左右セット マスターSWは車両のものを使用
 レッドラインミラーED サイドレジスターSET New 19,000円  レジスター本体を含めたアッセンブリー 前期意匠 *1
 レッドラインミラーED サイドレジスターSET New 19,000円  レジスター本体を含めたアッセンブリー 後期意匠 *1
 レッドラインミラーED ダッシュガーニッシュ New 15,000円  助手席ダッシュボードポケット一体
 レッドライン・カーボンPKG サイドレジスターSET 34,000円  レジスター本体を含めたアッセンブリー *1
 レッドライン・カーボンPKG ウインドウSWベース(F) 35,000円  フロント用左右セット マスターSWは車両のものを使用
 レッドラインEDITION メータークラスター 22,000円  全グレード共用
 レッドラインEDITION サイドレジスターSET 19,000円  レジスター本体を含めたアッセンブリー *1
 レッドラインEDITION ダッシュガーニッシュ 13,000円  助手席ダッシュボードポケット一体
 レッドラインEDITION ウインドウSWベース(F) 20,000円  フロント用左右セット マスターSWは車両のものを使用
*表示価格は全て税別となります、表示の金額とは別に消費税を申し受けます。
*本ページ掲載の製品は、予告なく仕様・及び価格の変更を行う場合があります。

*レッドラインEDITIONインテリア はG's純正部品をベースに製作しております。(メータークラスター除く)
*表中の「PKG」は「Package]の略

*1 前期モデルへ後期意匠、後期モデルへ前期意匠の装着が可能です、ご希望の仕様をご指定下さい。
■ダッシュガーニッシュ
■ウインドウSWベース
    (フロント)SET
■サイドレジスターSET
       *前期意匠
<AQUA レッドラインEDITION・インテリア価格・適合表>
スパルタンな印象を与える”ブラック”を基調に、鮮烈で
情熱的な印象を与える”レッド”の組み合わせはそのままに、
そのベースを贅沢な綾織基調のカーボンルックとした
「レッドライン・カーボンPKG」を用意。
最小コンパクトあるいは最小ハイブリッドなどと称される
事の多いアクアにおいて、上級ハイブリッドモデルのそれを
はるかに凌駕する本格的な工程を踏むトリムです。
”挿し色としてのレッド”が主役となるインテリアにおいて、
そのベースですら手の行き届いた本物感に溢れるインテリア
空間の創造を実現致します。
運転席左右パワーウインドウSWベースの外周のみ
をあらかも「別部品」であるかのごとく均一なレッド
ラインで加飾した製品。
G's純正のメタリックブラック仕様をベースにご用意
させて頂きます。
助手席側のモール部分のみを特徴的なレッドライン
に加飾した製品。通常グレードのアクアではパステル
基調のカラーを用いて加飾されており、アクア内装
において最も象徴的なパートであると考えます。
外光にあたるケースが多いパートでもあり、眼に鮮やか
なレッドラインをご堪能頂けるパートでもあります。
配色のコンビネーションとしては同じく「黒×赤」。しかしながらその素材
によってこうも異なる印象になるのだろうか、というほどの変貌ぶりを存分
に印象付ける「レッドラインミラーEDITION」を新設定。
日中や夕方、あるいは晴天時や曇天時など光の入りや外光の明るさに応じて
様々な色調・色彩の”レッド”を垣間見せる贅沢な加飾トリムとなります。
G'sベースのラメ入りピアノブラックと相まって、最小コンパクトHYBRIDは
まさしく車格撤廃となりうる「欧州凌駕」の高級感あふれるインテリアを
創造致します。
特徴的な丸型のサイドレジスターには、極めて繊細なサークルのベゼル。
そして本体面とベゼルの赤い加飾が「まるで別部品ではないか?」とさえ
感じさせるウインドウSWベースセクションなど、車格を超えて本格的な
経験と技術を惜しみなくフィードバック致しました。
”世界のトヨタ”、”世界のプリウスファミリー”として互角に渡り合える
だけの存在感と完成度でお届け致します。また、最大の魅せ場でもある
”レッドライン”の根本的な色調にも、ソリッド色で最もコンセプトを理解
して頂けるであろう最良の”レッド”を意識して採用致しました。
メタリックブラックをベースに、レジスター本体内側の
リングをレッドラインとした製品。直視すればするほど
繊細な細身の円形ベゼルが、一糸乱れぬ鮮明な赤い円に
なる変化をお愉しみ頂けます。
レジスタールーバーの動作機能にも一切の影響を与えず、
純正と同様の段差を維持したまま、まさに「指摘のできない
もの」としてインテリアにマッチ致します。

*画像右上「後期意匠」 下段「前期意匠」
トヨタが世界をリードするハイブリッド技術を投入し、そのトヨタの
ハイブリッドモデルの中にあって圧倒的な燃費性能を誇るのがアクア。
その裏側では「プリウスc」として世界的に活躍するコンパクトモデル
として存在しています。
そのアクアを更にグローバルな雰囲気へと一変させる情熱のレッド。
プリウス用でも好評を博す”レッドラインEDITION”インテリアは遂に
アクアへと投入される事となりました。木目でもカーボンでもない、
いま欧州を中心に最も旬なインテリアをお愉しみ下さい。
プリウスα用で高い人気を維持しているパート、センター
のメータークラスターも用意。運転席前からセンターを
跨いでアーチ状にコクピットへ鎮座するこのパートにも
鮮烈なレッドのアクセントを採用しています。
更に純正では樹脂素材そのものの本体面にも艶やかな
ピアノブラックフィニッシュを採用、内側となり目立ち
にくいパートでありながらも妥協のない完成度を追求
しています。