製品名  価格  備考
 ウルトラスウェード シフトブーツ  9,600円   純正交換式 *1 *2 *3
 ウルトラスウェード AピラーパネルSET  58,000円   純正交換式 *1 *3
 ウルトラスウェード ダッシュアンダーカバー  54,000円   純正交換式 *1 *3
 ウルトラスウェード センターアームレスト  45,000円   純正交換式 *1 *3

*記載の金額は全て税別となります。


*1 ウルトラスウェード(ブラック)×ステッチカラーをご指定下さい「シルバーまたはブラウン」。
*2 専用取付説明書付属
*3 ウルトラスウェード特有の起毛素材により、ブラックの色調がごく僅か異なる場合があります。


*本ページに掲載の製品仕様、及び価格は予告なく変更の場合があります。予めご了承ください
■TOYOTA C-HR ”ULTRA SUEDE”インテリア 価格・適合表
ATでありながらもスポーティな室内空間の創造に一役買っている
「シフトブーツ」の存在に着目。これまでTOYOTA86やLEXUS RCF
用で展開をしてきたノウハウを、ボタン式AT採用のC-HRにもご用意
を致しました。
日本が誇る最新技術により生み出される、東レ製”ウルトラスウェード”
を採用した合成でありながらそれを感じさせないバックスキン基調
の質感をお愉しみ下さい。また、ダブルステッチも純正と同じ意匠
で再現。刺繍糸にはC-HRに標準採用される「リコリスブラウン近似」
の光り輝くカラーを採用した拘りの作品となります。
斜めにスラントカットの風合いを見せる独特な形状のアームレスト
にもまるで「純正時からそうであったかのような」佇まいを見せる
人工的に描かれたダブルステッチが優雅に駆け抜ける本格モデル。
開閉動作はもちろん、純正の革素材を一旦剥がした後、近似量の
ウレタン材を下地に使用。その上で東レ製ウルトラスウェードを
贅沢にあしらった日本の職人の技が光る製品です。
アームレスト後方に配されるブランドロゴ「G」のエンボス処理にも
どうぞご注目下さい。
C-HRインテリアの中で厳選する各パートへ配されるウルトラスウェード。見た目こそ
同一の質感であるが、実際に装着し使用をした時に初めて分かる心憎いまでのこだわり
を注入する。「アームレスト」ではやや硬め、純正がそうであるように表面の生地や
優雅なステッチは追加されていても、C-HRを生み出した精鋭が選択したこの触感や
手触り、タッチなどは一切変更をしないよう出来得る限りの近似した触感を実現。
ぜひ製品を手にしたら、まずは車両に付く純正同パートとの「反発力」や「硬さ」など
に着目してお愉しみ頂きたい。日本が誇る職人の腕、そしてこだわりも存分に感じ取っ
て頂きたい項目である。
かつて欧州スウェーデンにおいて職人が創り出したとされるそれは、誰もが着眼をしない
「革の裏側」へのアプローチであった。裏側をブラッシュアップすることで、もはや裏
でなければならない独創の存在感となったスウェードは、やがて技術革新により人工的な
製造の時代へと突入する。エクセーヌ、アルカンターラなど多くの呼称を持ち、我々が
選定するのは東レ社が生み出す「ウルトラスウェード」という素材。
まさに天然のぬくもりを疑いのない質感で完全再現する独創のタッチと雰囲気は、世界
各国の名だたるスーパースポーツモデルが今なお積極採用することで明確な通り、天文学
的な単位での熱烈なファンを地球上に持つものである。
C-HRの印象を変える、などの表現ではもはや収まらないほどの
変貌を体感できる大型アンダーカバーを、東レ製ウルトラスウェード
素材で完全包囲した、まさしく「贅を極めた」逸品をご用意。
助手席側エンドのレジスター下から始まる美しい光沢刺繍糸のライン
は、センターセクションを緩やかなカーブとともに駆け抜けたあと
再び上昇、実にメータークラスター側方までに及ぶ長い距離を繋ぎ
ます。艶やかなカーボンテックスの光沢感と、世界基準と呼ぶに
相応しい光沢を消した起毛素材。相反する要素を至福の満足感と
共にお過ごし頂ける自信作となります。
欧州スーパースポーツモデルを思い起こさせる、起毛の質感が
大変気品を感じさせる「ウルトラスウェード」素材を贅沢に使用
したAピラーパネル。SRSエアバックの万一の展開時を考慮し、
純正のAピラーをあえて使用、機能を最優先し製作の困難な手法を
採用しております。
他の車種用と同じく下部にはブランドロゴである「G」のレリーフ
をエンボスで採用、ピラー中心面をリコリスブラウン近似のダブル
ステッチが駆け上がる、車格を超越した本格志向の製品となります。