上記ダッシュガーニッシュのメインパートと対抗に位置するサブセクションも用意。
車両へ乗り込む際、ドアを開けて必ず飛び込んでくるパートのため上下2段に採用の
緩やかでアーティスティックなステッチラインがこれから始まるドライブへの期待感
を更に高めてくれるものと考えております。
上記シフトノブとのコーデをお愉しみ頂く目的でご用意するUltrasuede素材で縫製する
シフトブーツも6MT専用で用意。直接手で触れる部分ではありませんが、その気分の高揚
を重んじるオーナー様へスポーツモデルを象徴するかのような起毛素材のブーツセクショ
ンをぜひお愉しみ下さい。
製作者が考えるGRヤリス室内においてその質感の乏しさを直感的に抱いていると思う
のがこのメーターパート。クラスターやフードを完全一体化させ、素材むき出しとなる
その光景はかつての軽自動車の代名詞でもある印象が拭えません。今回はそんなメー
ターを完全に切断、Ultrasuedeとレザー素材をそれぞれに張り分け、再び結合すると
いう量産形式では常識はずれの製法を選択致しました。
ダッシュガーニッシュのちょうど中央に位置する「センタートレイ」の機能性と
見た目の高級感を兼ね備えたUltrasuede仕様をご用意致しました。
純正ではハードプラスチック素材に凹凸を施した仕様ですが、この凹凸を一旦
完全撤去、フラット面を形成した上で肌さわりも極めて上質なスエード素材を
ふんだんに採用致しました。スマートフォンなどの傷防止にも高い効果を発揮
致します。
シフトセクションを最も外周で囲むように形成するパート。運転席側はダッシュ奥へ
と進み消えゆくような意匠なのに対し、助手席側で一気に立ち上がりダッシュ側へと
連結する意匠となっていることを受け、ダッシュガーニッシュ側のステッチラインと
本作のステッチラインをジョイント部品を介して連結するようなデザインと致しました。
2つの別部品がステッチで連動する極めて凝った情景を、ぜひご堪能下さい。
*RS装着不可
■GRヤリス 「レザーエクスクルーシブ」 価格・適合表 *表示は円(税込)
製品名  完成品  現品加工  備考
 ダッシュガーニッシュ LH メイン  61,600  57,200   助手席側スタートボタン設置部までのダッシュパネル *1
 ダッシュガーニッシュ RH サブ  37,400  33,000   運転席側ダッシュパネル
 ダッシュセンタートレイ New  16,500  ×   ダッシュ中央センタートレイ
 シフトコンソールフレーム  50,600  37,400   シフトコンソール外周を囲むフレーム形状
 メータークラスター  68,200  63,800   クラスター本体とフード部分を別加飾としたASSY *2
 インサイドハンドルベゼル  50,600  44,000   左右1SET
 室内Aピラーパネル  57,200  50,600   左右1SET *3
 Ultrasuede ステアリング  88,000  52,800   ホーンパッドやバックカバーは含まれません *4
 ホーンパッドバックカバー Ultrasuede  37,400  35,200   ステアリング本体とホーンパッドの中間にあたるカバー
 ホーンパッドバックカバー Black Leather  37,400  35,200   ステアリング本体とホーンパッドの中間にあたるカバー
 Ultrasuede シフトノブ MT  28,600  20,900   6MT車専用
 Ultrasuede シフトブーツ MT  11,000  ×   6MT車専用

*本プログラムはGRヤリス純正室内が合成皮革使用であることを受け、同様に合成皮革でご用意しております。
 (シートの一部、ステアリングを除き)
*「Ultrasuede®」は東レ社の登録商標となります。
*「1ST EDITION」のオーナー様へ、全てのアイテムは同価格にて”レッドステッチ”をご用命頂けます。
 その他ステッチカラーは別途料金にてご用意させて頂けますので、お申し付け下さい。


*1 左上段ポケット部にはUltrasuede仕上げ採用(本体メインは黒革)
*2 純正部品が一体成型となるため、一部切断後にASSYとした仕様になります
*3 JBLサウンドシステムの有無をご指定ください(ページ中ご紹介の製品はJBL装着車用)
*4 ステアリングヒーター機能は作動しません

*記載の金額は全て税込となります。


トヨタ86でも好評を博したUltrasuedeの独特なタッチ感でシフト操作を楽しむ6MT専用
シフトノブをご用意致しました。前面の乗員側へ向けてダブルステッチを採用しており
ます。握るたびに至福の質感を体感する独自の素材、見た目にも多くのクルマ好きが潜在
的に認識するスポーティなイメージをお愉しみ頂けます。
トヨタ車としては極めて珍しいセクションが登場するGRヤリスのホーンパッドバック
カバー、これを見逃す手はないとしてご用意するプラスチックとは天地ほどの差を実現
するレザー、あるいはスエード素材の意匠でご用意致しました。実際のエアバックの
すぐ真後ろへ弧を描くようにステッチラインが走り、もはやGRヤリスの内装が価格に
見合わない・・・という印象は遠くかけ離れたものとなります。
世界中のエンスージアストを虜にしてやまないドイツの名門PORSCHEが誇る「GTS」
あるいは「GT3」や「GT4」の各モデルは、問いかけること無く全てのモデルへアル
カンターラのステアリングを標準採用してくることの姿勢や意味に習い、日本が誇る
上質素材Ultrasuedeを全面に採用するステアリングホイールをご用意致しました。
操作性やタッチ感までスポーツカーに乗る、ということのアドバンテージを髄まで実感
して頂けたら幸いです。
「リアルスポーツモデルである」という事をAピラー内で再現するとしたら?という
難解なテーマに挑んだ本作。Ultrasuedeの起毛感はとてもわかりやすくスポーティを
訴求致しますが、反面好き嫌いが分かれることも事実。そこで考案した室内側の乗員
からはレザークオリティ、車両を外側から眺める際などはスエード素材という意匠。
メータークラスターがダッシュ上にスエード素材を現すことと連動し、高い満足感を
実感して頂けると思います。
定番パートのウインドウSWベースへなんらかの加飾品を採用しても、大型なこの
ベゼルのプラスチックが専用面積の面でも勝り思ったような質感向上が得られない
と考えました。何事もなく緩やかに採用されるステッチラインは、革の張り合わせ
を踏まえると限りなく狭い範囲へと攻め込んでおり、その技術力などにもご注目頂け
るととても嬉しく思います。
今回GRヤリスの室内においてはメーターセクションに次いでメインとも考えるパート、
ロングスパンを専有するダッシュガーニッシュをご用意致しました。メインと言える反面
、その質感の乏しさを強烈に乗員へ与えてしまうパートでもあり、ここを攻略することで
一気にGRヤリスに対する室内へのネガな印象が払拭されると考えております。上面ポケ
ット部には滑り止め効果や傷防止を想定したUltrasuede素材を部品ごと分断して採用、
末永くご愛用頂ける製品と致しました。