■LED インサイドドアハンドルアンビエント
●セット内容
 ・LED光源一体インサイドドアハンドルカバー ×4(車種により2)
 ・ウインドウSW集中カプラー運転席用 ×1
 ・ウインドウSW集中カプラー運転席以外 ×3(車種により1)
 ・専用取付説明書

●カラー 「ホワイト」「ターコイズ」

●設定車種
 ・A: 50系プリウス/C-HR/60系ハリアー
 ・B: 30系アルファード/ヴェルファイア/80系ノア・ヴォクシー

●価格
 ・A 10,000円(税別)
 ・B 6,000円(税別)
多くの車種で純正採用されるケースが飛躍的に増えた車の室内における「間接照明」。
特に欧州車におけるその華やかさは特筆に値する存在感で、国産車では未だ”控えめな”
存在感に留まっている。例えばMercedesの最高峰Sクラスを例に挙げると、マルチカラー
と称されるそのナイトラウンジは豪華か上質かを論じる以前に、人の記憶に強烈な印象
を与えることは間違いないと考える。
「何かを照らすため」の本来の役割とは別に、こうした間接照明いわば「無駄な光」に
よる演出が、時として車を非常に高級なもの、魅力的なものだと印象づける事がある。
そんな”光の演出”で、少し優雅な気持ちになって頂くための新作をご用意させて頂きました。
甲乙つけ難い、魅惑の2カラーを設定。
■50系プリウス装着例
■80系ヴォクシー装着例
■C-HR装着例
■60系ハリアー装着例
■装着イメージを「動画」でご覧頂けます。
この類の製品で多く見られるのが埋め込みなどによる配線の「加工」。
それ故専門の知識を必要としたり、なかなか自身での交換作業やインストール
は難しいとされる分野。今回我々がご用意したのは「完全カプラーON」
による装着品質。車種ごとにドアハンドル付近へ必ず設置される”ウインドウ
SW”に着眼し、このカプラーを活用。まるで純正オプションのような確実な
装着を体感して頂けます。
間接照明としては王道とも言える高貴な、そしてどこまでも清潔感に溢れる
上質な「ホワイト」。対して南国のリゾートを彷彿とさせるような、涼しげ
な印象の中にどこかアクティブなイメージも感じさせる「ターコイズ」。
2つの魅惑のカラーが放つそれぞれ独特な印象を、愛車のナイトクルージング
をどのように演出するか?とことんまでお悩み頂きたいと考えております。
加工ではない、あくまでも「純正交換」である事。
よもや「発光する」とは想像もし得ない昼間の姿。
多くのトヨタ車へ採用されている、インサイドドアハンドル奥の”隠しビス”。
この形状を利用し、極めて自然に違和感なく「純正交換」することを可能に
致しました。仮に昼間、この部分を下から覗き込んだとしても瞬時にはこれが
「発光する」とは認識し難い、消灯時のヴィジュアルにもこだわりました。

*写真上「消灯時」 写真下「点灯時」
時として「無駄な光」も必要である。